FC2ブログ
2020.02.16 19:25|手作り
まだ1月末の、マスクが選べた頃。
どうせ買うなら、ジェンヌさんに人気のPITTAにしよう!と、うきうきとマスクを買いにでかけたが、PITTAがない!!(まだマスクは普通に売ってたのに‥)
ようやく見つけたお店は、マスクがすでに品薄で、PITTAも、色は、濃いグレーと、ネイビーと、薄いピンクの3色のみ。
迷わず濃いグレー。
1581846810635[1]
・・・・なぜなら、ご贔屓さんが昔この色を使っていたから(単純)
薄いグレーを狙ってたんですけどね・・

耳が痛くならないし、呼吸もしやすいし、すごく使いやすい!!
しかし、田舎でこの色は目立って使いづらい・・・(笑)
いや、うん。気付いていた。気付いていたんだけど、おソロにしたかったのよ・・・(笑)
使いやすそうな色を買い足そうとぼんやり思っているうちに、世の中からマスクが消えた

って、どうでもいい前置きが長くなりましたが、ないので作ろうと、以前見つけた、無料型紙工房ことろさんの型紙を使って、マスクを作ってみました。

1581827225809[1]

耳の痛くなるのが嫌なので、ゴムにせず、紐に。
縫い方が悪かったみたいで、サイズがちょっと小さくなりすぎたので、紐を通さず、縫い付けて、折り返したので、耳のとこも立体に(^^;
表の布は、麻の布を使いました。
呼吸もしやすく、耳にも優しい! 使い心地良いです

型紙と作り方は↓
無料型紙工房ことろ☆立体マスクの作り方

ポケット付き立体マスクの作り方

制作時間、20分から1時間と書かれていますが、私は1時間以上かかりました
次はもう少し早く作れるかな?
スポンサーサイト



2020.02.08 19:23|ブログ
以前に出版した『なぜツボは効くの?-七星論なら説明できる!!』を、週刊長野さんが記事にしてくださいました!
1581132370317[1]
年末の取材だったかな・・?
なので、年齢一つサバ読んでます(笑)

2020.02.05 14:03|身体
新型コロナウイルスの流行で、まさかの長野でもマスクが品薄、完売の状態が続いているようです。
ネットで見つけた、手作りマスク。

立体マスクの作り方☆無料型紙工房ことろ

ウイルスカットは、ガーゼマスクでは難しいですが、ユーカリやヒノキ、ローズマリーの抗菌作用のある精油などをマスクにスプレーして使用するのも方法の一つ。
乾燥を防ぐのにも効果的です。
2020.01.20 14:57|着物
以前、襦袢を水洗いしたら、見事に縮んだという話。

着物の洗濯

それ以来、余計なことは控えておりましたが、雨用コートを広げたら、広範囲にうっすらと苔のようなカビが・・
しかも、サイズが私には大きい・・・5センチヒールでも履きたい(笑)
クリーニングに出すとなると、カビ取り、染直志も??
いくらかかるんだろう・・・

しかし相手は雨用コート・・・つまり、水に強いはず!!
しかも、サイズちょっと縮んでくれたら更に好都合(笑)!?
ってことで、洗ってみました。

キレイになった!!
カビさっぱり!!
サイズも縮んでなさそう。(今回ちゃんと計ってないのでわからないけど、私には大きいまま・・)

そこで、調子に乗って、もう一つ洗ってみることに。

以前に、ざっと家の着物を整理したときに、明らかにカビの生えた母の道行。
某着物屋さんで、クリーニング半額?かなにかイベントしているときに、持って行って、値段を聞いたら、
道行は、カビをとって、丸洗いのみで9,800円(カビを抜いた後の染め直しなし)
ちなみにその時もう1着持っていった色無地は、染み抜き、丸洗い、染直しで、5万?だったかな。
(注:お値段はお店やイベント特典、着物の種類などによって異なります)
そこまでする着物でもないので(おい)、どちらもクリーニングに出さずに持って帰り、道行はジップロックに入れて、放置してました。

その道行も洗ってみることに。
カビの状態。写真だと光の加減で飛んで見えにくけど。
1579489554113[1] 1579498487786[1]
白いところがカビ。肉眼で見ると、あちこちにカビの水玉模様。
(ちなみに明るいところで撮影したせいで、着物の色もかなり明るく映ってます)

洗濯後。
1579489561344[1]
(右の写真と同じ部分です)
全部落ちてる!!
型崩れもしてない
消毒もかねて直射日光で両面しっかり数日干しました。
ふっくらキレイに仕上がりました。
問題は、数か月後、数年後どうなるかですね

(注:洗濯も直射日光で干すのも、着物のお手入れとしては禁忌です。真似する方は自己責任でお願いいたします)
2020.01.19 18:36|ブログ
いろいろ思うことあって、ヘアドネーションしてみようかと、いつもお世話になっている美容院に問い合わせてみました。
郵送まではできないけど、カットだけならしてくれるということで、久々に短くすることに。

家で長さを図ったときに、あごくらいの長さで済むと思っていましたが、サイドの髪が少し短いために、耳の下あたりになるよ、と。
あと30センチでできると思っていたのが、30センチ+1センチ必要で、31センチなんだそう。
もう切る気分でいたのでばっさりいっていただきました。

めっちゃ頭軽い(笑)

鍼灸師になってからは、ひとまとめにできる長さはずっとキープしていたので、軽く15年・・?いつ以来だろう・・
切った髪を髪袋に入れて返してくださったのだけど、間違えて捨ててしまいそう(笑)

そして、ドネーションと思って切った髪ですが、これで自分のウイッグも作れるらしい(もちろん有料)。
・・・・作るか!?
悩むところです(笑)