FC2ブログ
2019.11.03 19:09|着物
着物の最大の難関。
それは洗濯。

洗えない。
天日干しできない(直射日光不可)。
水に弱い。
ファブ○ーズとかもダメ。
スチームもダメ。
(今どきの洗える着物、化繊の着物は除きます)

着たら、とにかく風を通して陰干しして湿気を飛ばし、季節の変わり目にクリーニングに出すしかない。
だけど、着物のクリーニングは高い。
着物屋さんのイベントなどで安くなる日があるのでそういうときを狙うのですが・・
よくイベントなどで安くなるのは「丸洗い」(ドライクリーニング)です。

某着物屋さんでのお話。
「丸洗いで落ちるのは油汚れだけです。ファンデーションとかソースとか。汗や水は、水洗いや洗い張りしないと落ちないですよ」
基本落としたいのは汗。雨の日に着たら雨。
ファンデーションが着物につくことはそんなにない。
丸洗いはシーズンごとでいいけれど、となんだか含みが‥
水洗いは、どのくらいの頻度で?
「理想は1回着たら、水洗いです」
・・・・・
昔の人はどうしてたんですか?と聞くと
「昔の人はたくさん着物を持っていたので」
・・・返事になってないよ(笑)

ちなみに水洗いクリーニング代は、プチプラブランドなら全身コーディネート買える(お釣りがくる?)レベルです。
(お店によって違うと思いますが)

そりゃ、着物業界廃れるわけだよ。
そんな知識しか与えられなかったら、金持ちじゃないと着物着てられないって思うよ。
ちょっとしたときに着物着ようって選択肢にならないよ。

そんなわけで、縮んでも良い長じゅばんを使ってちょっと挑戦。
ネットで調べたところによると
・押し洗い
・脱水しないで水がぼたぼた落ちるレベルで吊るして陰干し
それで着物が洗えると!!袷でもいけると!!
・・・洗い桶がないよ(笑)
なので、洗濯機のドライ機能でやってみた。
ついでに「洗った分だけ、キレイになる」(ニュアンス)とコマーシャルしているおしゃれ着洗剤も使用。
脱水しちゃいけいないの忘れて、1分脱水・・・
結果。

3センチ縮んだ(笑)

私にはちょっと大きい襦袢だったので、これでほぼジャストサイズに(笑)←おはしょりあるから、あと2回くらいは洗えるw
脱水のせいかもしれないけど、やはり自宅洗濯は止した方が良さそう・・

そんなにクリーニングには出せないので、古着の着物屋さんがおっしゃってた言葉を採用することにした。

「絹の着物は、自浄作用があるから臭くならない。基本、風通しだけで十分」

わからないことがあったときは、リサイクル扱う着物屋さんの方が知識が豊富で、丁寧に教えてくれる気がします。

基本、風通し。
時々、丸洗い。
すごく汚れたら考える。

これで十分な気がします・・・
スポンサーサイト



2019.09.30 19:36|着物
着物初心者すぎて、着物ルールがわからない・・笑
どんなに暑くても、紗や絽の着物は7月、8月のみ。6、9月は単衣。それ以外が合わせなのだそう。
9月末の寒い日に合わせを着たり、10月初めの暑い日に単衣を着ても、悪くはないらしいが、普通はしないらしい。
どんなに暑くても、夏の小物、夏の帯は、7月、8月のみ。
更に、花柄は季節があったり、紬は真冬はやめた方がよかったり(これはただ単に寒いから?)、紬に金糸の入った帯締めは使わないとか、聞けば聞くほどこんがらがる・・・

そりゃ着物離れになるよね?

ってことを、この数カ月でも、いろいろと実感。(お店の接客とか。着た時の尋常じゃない暑さとか(笑))
その話はまたおいおいってことで(するのか?しないかも・・(笑))

9月の着物。
1569826842099[1] 1569826839381[1]
間違い探しのような微妙な変化(笑)
黒の紬の単衣と黒の丸組紐は同じで、帯と帯揚げだけ変えました。
右が、かりん?柄の黄色の名古屋とレースの帯揚げ。
左が、縞の名古屋とピンクのちりめん。
この縞の名古屋帯、100円(笑)!!
ただ、おしゃれなのか古いのか、細かいしわがたくさん・・・おしゃれだということにしよう・・・
かりん柄の名古屋帯も中古。
縞の名古屋帯ほどではないけど、どちらの帯も柔らかくてお太鼓作りづらかった・・・(´;ω;`)ウゥゥ
中古の帯買うときは、固さ確かめよう・・・

そして暑いからと下は、夏の襦袢だったのだけど、9月に夏の半襟はダメと怒られた・・・
よくわかったな。。(普通、わかるもの?)