FC2ブログ
2019.09.23 21:03|宝塚
宙組全国ツアー『追憶のバルセロナ』と『NICE GUY-Sの法則』
大好きなまいあちゃん(華妃まいあ)退団と聞いて、観劇してきました。

私の中で、まいあちゃんは「宝塚の娘役」を体現している娘役さんでした。
品があって、美人で、美声。立ち居ふるまいも美しく、貴族の令嬢と言われてしっくりとくる雰囲気。
令嬢じゃないお役であっても、役になりきりつつも、良い意味で品が損なわれない。
そして、男役さんも美しく見せる。
「娘役度」と言われても、ちょっとよくわからない私でも、まいあちゃん観ていると、娘役度が高いというのはこういうことかと思わされました。

新公ヒロインくるのでは!?とずっと期待していたし、実力あるので、別格娘役としてでも活躍できると思っていただけに、まさかの別箱退団はショックで・・・

でも、観劇して、感想は真逆に(笑)
『追憶のバルセロナ』はWヒロイン的な、セシリア。宝塚の娘役らしい貴族の心優しいお嬢様。
ショーの『NICE GUY』でも、大活躍! まいあちゃんの美声もしっかり聴け、セクシーな達磨姿も
正直、別箱でなければ、ここまでの扱いやお役は厳しかったかもと思うと、別箱退団で良かったと思えました。

本日、宙組全国ツアーも千秋楽。
娘役「華妃まいあ」お疲れ様でした!!
新しい人生も、素敵な、笑顔あふれる日々になりますように
スポンサーサイト



2019.08.23 19:19|宝塚
研10。
そう思うと、一つのタイミングではありますが・・・

時ちゃん(叶羽時)退団発表。
好きだっただけに、とても残念。

初舞台当初から一目でわかるジェンヌさんでした。
認識したのは『月雲の皇子』の巫女役。 病症の王の言葉を伝える巫女の声が、とてもクリアで聞き取りやすく、また、巫女らしかった。
上手な子だと認識しつつ、好きになったのは『トークスペシャル』(笑)
会話の回し方、振り方が上手で、洋服が素敵(笑)!! 
このときから、時ちゃん可愛い病を発症させました(笑)
「宝塚の娘役」としての在り方をすごく考えてる子なのかな。。
でも、ストレートプレイでもミュージカルでも活躍できそうなので、ぜひ、退団後も舞台の道を歩んで欲しい…

なかなか私にとって厳しい日程の『I am from Austria』
観れるかわからないけれど、娘役時ちゃんを見届けたいです。
2019.08.17 15:07|宝塚
超絶チケ難で、泣きそうになりながら、どうにかチケットをゲット。
希望キャスト(ルキーニ、フランツ、ゾフィ―含め)は全員観ることができました!
・・っていうと、チケット取れているじゃんと言われるのですが(笑)、取ったんですよ(根性)!!
昔は、宝塚に限らず舞台全般大好きでたくさん観ていたのですが、チケット取りに疲れ切りまして・・・そこからぱったり舞台に興味を失い、観なくなりました。その間も、ヅカファンは優しいので「チケットあるよ」「とろうか?」と声をかけていただいたので、なんとなく観ていられたのですが‥。
今回も本当に取れなくて、「あ、私これが嫌で、舞台観なくなったんだな・・」と懐かしく思い出しました(笑)

さて、肝心の舞台は・・・
いやもう本当に素晴らしい!!!!
みんなすごい。みんな素敵。かっこいい。可愛い。歌うまい。ダンスすごい。
小学生以下の感想レベルですが・・

お花様、芳雄君は前回も観ていたので、感想はしょりますが(笑)前回よりもバージョンアップしてたのは間違いないです!!
今回特にすごいと思ったのは、ちゃぴちゃん。
宝塚と歌唱を変えるので、負担になる場合もあるのですが、全然問題なし。
7月観劇の友人からは「高音部が・・」とも聞きましたが、私がラストに観た8月は、更に咽喉の調子がよくなっていたように思います。舞台後半なんて疲れが出てきてもおかしくないのに・・。
そして、役作り。
無邪気な子供時代から、どうにか自由を切り開こうと無謀な戦いを続け、静かに諦めていく過程。
お花さまのシシィとまた違う役作りで、これは、どちらが良いとかではなく、どちらもそれぞれのエリザベートの人生でした。

トートの古川君も!
「ちゃぴちゃん古川君コンビが最高だから!!」との前情報で、すごく楽しみに。
芳雄君の歌が好きなので、古川君はとりあえず1回観れればいいか、と思っていた自分を叱りたい・・・(いや、それでもチケット確保したことを褒めるべきか‥)
芳雄君に比べ、表情豊かなトートなのだけど、人間外の雰囲気がすごい。動きのしなやかで、色気がダダ漏れ。
これは個人的好みなのですが、無表情系トートより、表情豊かなトートの方が私は好きなんですよね。でも表情豊かだと人間っぽくなってしまって、それはそれで嫌なんです(笑)古川君はそのバランスが絶妙!! 
理想のトートでした
トートもまた、芳雄君と古川君で役作りが違い、どちらも素晴らしいトート!

どの組み合わせも、それぞれ素敵で、何度でも観たいと思わせる舞台でした。
(お花さま×古川君は観れてないけど‥)
宝塚版もそろそろ演出リニューアルしてほしい‥

ちゃぴちゃんの次のクリスティーヌもまた楽しみになりました
2019.02.18 18:23|宝塚
雪組の素晴らしすぎた『ファントム』
幸運にも、AパターンもBパターンも観させていただいたが、どちらのパターンも素晴らしく(好みはAパターン?翔くんのシャンドン伯爵に、あーさのアラン・ショレ)、トップ二人の類まれな歌唱力と集中力、それに引っ張られるかの、みんな歌唱力のすごさと組子たちの一体感。
技術だけでなく、観客を引き込む求心力のすごさ。
語彙力不足すぎだけど(笑)
これを観た後は、しばらく余韻に浸っていたいと思わせるクオリティだった。

そこへ、東宝版『ファントム』の発表。
ちゃぴちゃん(愛希れいか)クリスティーヌ!!!!!
嬉しいけど、すごく複雑・・・(笑)
絶対観に行くけど(笑)

そろそろ、力強く、優雅に、踊り狂うちゃぴちゃんが観たいなぁ・・・
2019.01.12 20:26|宝塚
昨日の、怒涛の公式発表・・・
素直に喜べるネタで(笑)

華優希ちゃん、花組トップ娘役就任
おめでとうございます!!!

お芝居も上手で、可愛い。お顔が、というか、醸しだす可愛さ? 可愛いと叫びたくなるオーラ?
とにかく、可愛い(盲目)

みりおちゃん(明日海りお)にもお似合いで、歌うまさんと組むと、歌唱力が上達するので、華ちゃんにとって、とても良い縁談で、みりおちゃんにとっても、今まで3人と全く雰囲気も学年も違うお嫁さんということで、また更に新しい魅力が発揮できそうで、良い人選だと思うのですが・・・

さらっと見た限りのネット評では、そう思わない意見も多いらしく・・・
実力不足、の声も多い。
そもそも花組さんをそんなに観てなくて、華ちゃんと認識して観たのは『はいからさんが通る』と『ポーの一族』だけなので、むしろ実力不足の意味がわからない(笑) ・・・あ、いや、うん、歌はまだまだなのは、わかってますよ・・・・
でも、お似合いの二人になると思います♡
ただ・・・観れるかな 毎回チケ難の花組さんだから・・・

そのついでに?、気になるのは「最近の早期トップ娘就任」「早すぎる抜擢」「時期尚早」などの声。
これは、この2年ぐらいで就任した3人とも。
宙組の星風まどかちゃん(研4?就任 100期生)
月組の美園さくらちゃん(研6就任 99期生)
そして花組の華ちゃん(就任時研6 100期生)

・・・・・早いか・・・???
「最近」の基準がわからないけど

というのも、20年位前、バイト先のマスター(当時70代。元宝塚衣装部)が、「最近の若い子はわからない」っ言ってたんですね。
最近の若い子、だからてっきり現役トップさん、もしくは先代ぐらいを指しているのかと思ったら、まさかの、鳳蘭さん以降の時代を指していた・・・・・
だから、ネットで書かれる「最近」は私のイメージする「最近」とは違うかもしれないのですが…笑

トップ娘役の就任は、新公学年内のイメージでした。遅くとも新公卒業直後(研8前半?)くらいまでに内定している感じ。
それより遅いと、返り咲きとか(悪意)、報われて良かった(好意)、みたいな扱いだったような・・・
それがいいか悪いかは別として。
さくさくちゃん(美園さくら)も華ちゃんも、適齢期どんぴしゃなのでは・・?
逆に、今を逃すと、二人ともトップ娘役の可能性がかなり低くなるというか・・・・・・まぁ叩いてる方々は、そもそもトップ娘になって欲しくない方々なんでしょうが(^^;

3人とも、上級生にトップ娘役さんに相応しい素敵な娘役さんがいたことが、「早すぎる」と言われる原因なのかな?と思ったり。
(まどかちゃんの時は、トップさんと似合うか似合わないかの問題だった気もするけど・・)
本当に、娘役人事は、運とタイミングが必須。

でも、華ちゃんはヒロインが似合う!!
タイミングが合って、良かった
素敵なコンビになりますように

そして、たくさんの娘役さんが活躍するお芝居やショー作品が多く出ますように。