FC2ブログ
2018.11.03 15:03|温泉
時間があったので、朝風呂をしている銭湯へ。
東京駅から地下鉄で20分ぐらいの『ふくの湯』さん。
1541411733930[1]

銭湯なので、もっとこぎったないイメージを勝手に持っていたのだけれど(すみません・・)、キレイ!おしゃれ!!
大正風? 明治風?
おそらく中はリフォームをしていて新しいのだけど、大正ロマンな感じで素敵な銭湯
壁際のシャワーと、洗い場の真ん中にも六角形にシャワーがあって、シャワーは固定式。
それなりに混んでいるのに、全然お風呂に人が入ってこなくて(笑)、のんびり浸かってきました。
ただ、お風呂に入浴剤を入れているのが残念・・・。
なにもいれなくてもいいのに・・

また、東京で時間が余ったら来たいと思う銭湯でした。
あ、でもドライヤーがめっちゃパワー弱くてびっくり・・・
乾きやすい私の髪でも、てこずりました(^^;
急ぎの時は髪を濡らしたらだめかも(笑)・・・・そもそも急ぎのときは、銭湯来てたらだめですね・・・(笑)
スポンサーサイト



2018.09.14 17:22|温泉
立て続けに温泉ネタ(笑)
坂城町にある「びんぐしの湯」
ここもさらっとした癖のない温泉です
飲用もできて、これもまた飲みやすい。
なにより露天風呂から見えるパノラマがすごい!! 夜も来てみたいと思う景色でした。
露天も、温度設定が違うお風呂があって、ぬる湯のほうでのんびり・・・

辛いねずみ大根が有名なので、お風呂上りにおしぼりうどん。
1536911414517[1]
うん・・・美味しいんだけど、普通のうどんの方が好きかな…(笑)
2018.09.12 10:47|温泉
「温泉」のカテゴリーを作ったわりに、温泉書いていないことに気付き、温泉の話(笑)

別所温泉の外湯
大湯、大師の湯、石湯の3か所あって、なんと150円で入れます
足湯は無料なんですよね。いいよなぁ・・・近所に欲しい・・(笑)

1508405426830[1] 
大湯

1536911312671[1]
大師の湯

1536911315754[1]
石湯

大湯は以前入ったことがあったのと、石湯は定休日だったので、大師の湯へ。
趣ある銭湯らしい温泉で、お風呂もそこまで大きくない(笑)
ちょっとした民宿の大きなお風呂ぐらい? それよりは大きいかなぐらい?のタイル張り。
シャワーもなくてカランのみ。
でも、お湯はやはり良い湯でした
石湯のところにあった飲用の温泉も少しいただきましたが、そんなに硫黄臭もきつくなく、飲みやすい。

近くにあったら、毎日に行くのにな・・・(笑)
2018.08.10 16:27|温泉
先日、シャワークライミングへ小谷へ行ったので、そのあと温泉へ。
小谷の近場から道中にと、いろいろ温泉があり、悩んだのですが、古民家好きの友人と一緒だったので、せっかくなら!
と古民家の湯へ。
景色も湯質もよさそうだったのだけど、悩んだ理由はお値段の高さ・・・(笑)
宿泊客が多いシーズンは、混まないように、という配慮だそうで・・・夏場はいつもより更に高い(笑)

先にランチをし
1533199947470[1]  1533199950161[1]

それから温泉へ。
1533199952684[1]
ここは、お風呂場の休憩ルームですが、温泉からも、まさにこの景色!!
露天もありましたが、窓が開いているので、半露天になっている室内でも、十分開放感があり、むしろ涼しくて、虫もいなくて(笑)、のんびりできました。

ホテルについてる温泉だったのですが、ここのホテル、宿泊者向けの無料ドリンクや昼食?冷やしトマトや温泉卵やお味噌汁。
貸し切り温泉(宿泊者専用)や、プールやアクティビティも充実していて、むしろ宿泊したい(笑)・・・・長期で・・・(笑)
長野に住んでて、白馬に連泊は、ないか(^^;

暑いさなか、避暑に来た気分の味わえる素敵な温泉でした



ちなみにシャワークライミングはこんなの。
1533199960242[1]   1533199962843[1]
冷たい水の中をひたすら登ったり、飛び込んだりします。
右の写真は、水面まで4メートルぐらいの高さ。立った時も高い!と思いましたが、空中での滞空時間もなかなか長かったです(笑)


2018.04.08 19:21|温泉
わざわざ「温泉」のカテゴリを作ったのに、全然温泉ネタがなかったので、久しぶりに
以前に一度行って、とても素敵だった燕温泉へ。
急に暖かくなって、下界では桜が満開だったから、山の方でも少しはほころび始めているかなぁと・・・

が、甘かった・・

1523182415225[1]

温泉も道も雪の中!!
このOPENはどこにかかっているのだろう(笑)

この少し手前までは道には雪がなくて、足湯はしてました。
1523182411357[1]
湯の花たっぷりの柔らかいお湯です。

もう少し、暖かくなったらまた来よう