FC2ブログ
2017.09.14 19:26|食養生
性味:平、甘
帰経:心、肺、脾

効能:咳、痰、下痢、不正出血、貧血、胃腸を丈夫にする

蓮根は、文字通り、ハスの根っこ。
ハスは、花も茎もすべてが漢方で捨てるところのない万能食材です。
でも、お店で普通に買えるのは蓮根だけかな(^^;

前に一度、スーパーで蓮の茎が売ってるのを見たことがあります。
そして、蓮酒(蓮の葉っぱに日本酒を注ぎ、蓮の茎から飲む。無病息災の効果があったりするとかないとか・・・(笑))をしたくて、日本酒を注いだコップに茎を挿して吸ってみた。
すっごく吸いづらい(笑)
なかなかに吸引力を求められる・・・だから、少量で酔える(笑) ←ストローで飲むようなものだから・・・
お薦めはしません(笑)

話を蓮根に戻して。
やや消化しにくいため、胃腸の弱い方は食べ過ぎには注意ですが、基本、万能です。
蓮根そのものは、消化吸収を高めてくれる食材なので、胃腸の弱い方は、すり下ろした蓮根餅などにして食べるのがお勧めです。
蓮根の粘り気成分ムチンは粘膜を保護してくれます。

咳や痰など、風邪症状にもいいので、蓮根のすりおろしに生姜を少し入れて、お湯で少し煮詰めた蓮根湯もいいですね。
身体を温め、咽喉を潤してくれます。
 
スポンサーサイト