FC2ブログ
2019.02.22 17:53|ブログ
一見、真面目そうなタイトルですが、ヅカ友たちとのヅカ話からの派生でこんな話題になりました(笑)

宝塚に限らず、だとは思うのですが。
舞台を観てると「視線が来た!」とか「ウインクしてくれた!」とか「私に微笑んでくれた!」とかあるわけです。
本当かどうかは別として(笑)

特に怪しいのは「オペラ越しに目が合った!」というやつですが、私も一度ありますよ・・・
舞台から遠い1階席の後方から、まだ研4だった某ジェンヌさんをオペラ越しでガン見してたんですね。
ちょうど、真正面にくる位置があって、そのときに、オペラ越しにばちっと目が合ったんですよ!
その瞬間、向こうがびくっとして視線そらしました・・・(笑) 
取って食いやしないよ・・・怯えないでくれよ・・と思いましたね(笑)
・・・オペラ越しに目が合うなんて絶対ないと信じたい一瞬でした・・・

そんな怪しいお席はともかく、客席もほのかに明るい前列の良席のときは、本当にこっちみてくれたんじゃない?と思うときもあるわけです。
が、ジェンヌさんもお仕事。
一人に狙いを定めてウインクしたり微笑んだりすることもあるそうですが、そこら一帯の人をまとめて釣る微笑の仕方があるそうです。一人ではなく、全体をぼんやり見ているんだけど、その一帯の人は、私に微笑んでもらってる!と思えるのだそう。

その時に、冷静に「今のは私ではなく、全体を見ていたんだ」と思うか、「私を見てくれた!」と思うかで、幸せの度合いが違ってきます。
それが「脳内補完能力」の強さ(笑)

だって本当に見てくれていたか見てくれていないかなんて、実際どうでもいいじゃないですか。
確かめようもないし(笑)
でも、見てもらった!と思うことで、幸せになれるなら、隣の人だったんじゃないか、後ろの人だったんじゃないか、ただ全体を見てただけなんじゃないか、とか疑わずに、「目が合った」と素直に喜べばいいと思うんです。

で、そんな話をしていたら、ちょっと二作品の漫画を思い出しました。
『花きゃべつひよこ豆』(篠有紀子/講談社)
『世界でいちばん優しい音楽』(小沢真理/講談社)
前者は、傍から見たら幸せな家族なのに、主人公リカは、夫が浮気してるんじゃないかとか、日常の些細な自分の不幸を嘆いている感じ。
後者は、両親を亡くし、結婚直前で旦那もなくし、旦那の家族からも認められず、シングルマザーで生きる菫子が、子供とともに前向きに幸せを見つけながら成長していく話。
簡単に説明するために、必要なとことだけ、かなり端折った説明で原作ファンには申し訳ないのですが
どちらも素敵な作品ですよ!!

ぱっと見、幸せそうなのに、不幸を見つめるか。
ぱっと見、不幸そうでも、幸せを見つめるか。
 
不幸そうに見るのは周りの勝手なので、そうみられる必要は全くないですが(笑)
日常の幸せを探して、ついでに脳内で補完して(笑)、過ごしていけたら、「幸せ」なんじゃないかと思います。
スポンサーサイト



2019.02.18 18:23|宝塚
雪組の素晴らしすぎた『ファントム』
幸運にも、AパターンもBパターンも観させていただいたが、どちらのパターンも素晴らしく(好みはAパターン?翔くんのシャンドン伯爵に、あーさのアラン・ショレ)、トップ二人の類まれな歌唱力と集中力、それに引っ張られるかの、みんな歌唱力のすごさと組子たちの一体感。
技術だけでなく、観客を引き込む求心力のすごさ。
語彙力不足すぎだけど(笑)
これを観た後は、しばらく余韻に浸っていたいと思わせるクオリティだった。

そこへ、東宝版『ファントム』の発表。
ちゃぴちゃん(愛希れいか)クリスティーヌ!!!!!
嬉しいけど、すごく複雑・・・(笑)
絶対観に行くけど(笑)

そろそろ、力強く、優雅に、踊り狂うちゃぴちゃんが観たいなぁ・・・
2019.02.13 15:53|ブログ
来月3月17日(日)、佐久市の佐久平交流センターにて開催されます。
『ニンジンから宇宙へ』などの著者でもある、お百姓の赤峰さん。(農家ではなく、百姓という言葉にもこだわりが)
自然と生きる大切さや、無農薬で作る循環農法のお話など、興味深いお話が聞けるかと思います。
私もお手伝いさせていただきます。
治療院でチケットも取り扱ってますので、ご希望の方はご連絡ください!

201902131628075f1.jpg スキャン_20190213 (2)
2019.02.07 17:12|食養生
健康食品のコマーシャルや、健康番組でよく聞く言葉。

「1日で、これだけの量の野菜を食べるなんて無理!」

野菜のところを、魚、カルシウムなど、様々な食材や栄養素に変えて、いろんなところで使われています。
あと、「1日」じゃなく「毎日」の場合もありますね。

・・・・・・1日(もしくは毎日)で食べきれない量を食べなきゃいけないっておかしくないですか?

飽食の時代の今だからこそ、たくさん食べることができますが、そうなったのはほんの数十年。
1日3食と言われるようになったのも、近年のこと。

理由としては

1.食べ物のそのもののの栄養がなくなった
2.栄養のないものを食べている

他にもいろいろあるとは思うのですが(笑)

旬ではない野菜は、旬の時期に比べて、半分以下とも5分の1ともいわれています。
そして、栄養ない、食べ物の多いこと!
旬の食べ物を、丸ごといただけば、そのときに必要な栄養は十分に取り込めます。
なにより、食べ過ぎは老化の元ですよ。
2019.02.04 20:14|浄化
この数カ月、無性に抹茶が飲みたくなる日が多かった。
そうはいっても、なかなかお抹茶を飲む機会もなく、市販の抹茶ラテとかグリーンティーとかは、お砂糖や乳製品が入っているから、手が出づらく・・・
飲みたいと思いつつも、実際に飲んだのは、くたくただったときに飲んだ市販の抹茶ラテ、1度きり(笑)
そんな時、知人から「抹茶は、エネルギー浄化にいいのよ」と。
心身の浄化にもとても良いので、治療家はマメに飲むといいとのこと。
最近、私が飲みたくなるのも、それだったのかなー。。。

そしてなぜか突然、冷蔵庫にお抹茶があることを思い出した(笑)
しかし、茶筅が見つからず・・・
・・・・100均のミルクスチーマーで代用・・・・(超邪道・・・(笑))

1549090467308[1]

意外にしっかり泡だって、むしろ自分で点てるよりましかも・・・(笑)
でも、ちゃんと茶筅探さなきゃ(^^;
2019.02.02 15:52|身体
マインドフルネスの呼吸法。

3つ数えながら息を吸い
5つ息を止める。
8つ数えながら息を吐く。

より深い瞑想に入れます。