FC2ブログ
2019.04.30 16:08|身体
毎日、気温差が激しく、体調が崩れやすい季節です。
特に春は自律神経が乱れる人が多くなります。

自律神経は、名前の通り、他からの支配を受けずに動く神経。
心臓や胃腸、体温など、自分の意思の力で動かせないものを支配している神経です。
急激な気温差でも、同じ体温でいてくれるのは、この自律神経が働いてくれているから。
寝ている間も、心臓が規則正しく動いているも、自律神経が休まず働いてくれているから。

ようは、当たり前の体内環境保持。
健康であれば、意識しない神経ですが、産まれてから死ぬまで、休むことなく、ずーっと働いてくれています。
だから、気温差が激しかったり、ストレスが多かったり、寝不足が続いたり、様々な要因で、弱りやすくなるといえます。

自律神経は、勝手に動くといいましたが、例外があります。
それが呼吸。
呼吸をしよう!と意識しなくても、勝手に呼吸をしてくれていますが、自分の意思で、呼吸のペースや深さを変えることができます。

自律神経が乱れたときには、自律神経支配である呼吸を、自分のペースで、ゆっくりと穏やかにすることで、自律神経を整えることができます。

なんとなくだるい。
疲れがとれない。
イライラする。
自律神経が乱れてるな、というそんなときは、まず手軽な呼吸法を試してみてください。
スポンサーサイト



2019.04.26 16:19|ブログ
天職は、神様から与えられた才能と自分の好みが一致している仕事。
適職は、その職種への才能があり、辛くなくできる仕事。

天職は、必ずしも食べていけるとは限らず(^^;、生きていくには、適職を見つけるのがいいと言われています。

無理してまでする仕事はないと思っているので、仕事で身体を酷使して痛めたり、その職種に興味ないときなど、私は気楽に転職をお勧めしてしまいます(^^;

ですが、憧れの職業に転職された方がいらっしゃいました。
資格は持っていたものの、いろいろな事情でできず、何十年の時を経て、この春ようやく、念願の職種につかれたそうです。
1週間後、疲労困憊でいらっしゃいました。
「向いてない気がする・・」と。
ご本人は憧れていたお仕事だったものの、今まで経験はなく、全くの職種違い、体力も必須、新しい仕事なので覚えることもたくさん。

一番つらいのは1ヶ月。
なんとなく仕事を把握するのに3ヶ月。
最低1年ぐらいは様子をみたら?

いろんなお話のあとにそうお伝えしたら、「先生は、辛くても頑張るタイプなんですね」と。
いや、頑張らないタイプです(笑)
二人で大笑いしましたが(笑)

私がもう少し頑張ったらと言ったのは、彼女が憧れていた職業だったから。
新しいことを始めても、昔のようにすぐできるようにならなかったり。
無理の利きづらい身体になったり、怪我なども増えて思うように動けなかったり。

憧れの職業につき、まだ1週間。
向いている、いない、以前に、仕事の手順をまだ覚えている段階。

すっかり忘れてましたが、私も鍼灸師1年目はとても辛かったことを思い出しました(笑)
希望に輝いていた4月。
勉強すればどうにかなると信じていた夏。
あまりにうまくいかなくて辛くなりだした秋。
向いてないんじゃないかと思いだした冬。
もう1年勤めたらやめようと思っていました(笑)
ところが、2年目は、去年の悩みが嘘のように毎日が楽しくなり・・・ 
あの1年目があったからこそ今がある!と今は思えます。

彼女の憧れの職業が、できれば、彼女の天職・適職でありますように。
2019.04.25 18:00|ブログ
なにかと慌ただしく忙しくて、ブログを休み続けていたら、もうすっかり春
庭のスミレも満開です。
1556182280618[1]
またぼちぼち更新していきます!