FC2ブログ
2019.12.13 18:05|宝塚
前回、なんだか重めの文章になってしまったので、軽く感想も(笑)

ネットではおおむね好評、友人間ではわりと賛否分かれる『I am from Austria』。
私は、純粋に楽しめました!
役、みんなに合ってるよね?(疑問形なのは、私の友人で「役と個性が合ってない!」という方が比較的多かったので・・)

真面目に考えているのに頼りなく思われるジョージのたまさま(珠城りょう)
いかにもハリウッド女優にいそうなエマのさくらちゃん(美園さくら)
宝塚らしいキザで笑える悪役イケメンのリチャードのれいこちゃん(月城かなと)
スターオーラばりばりのパブロのありちゃん(暁千星)
ダンディー&セクシーで、厳格さとコメディセンス抜群のパパとママの千夏ちゃん(鳳月杏)と海ちゃん(海乃美月)
コメディといえばこの方、エルフィーのるうさん(光月るう)
へたれ感が可愛いフェリックスのおだちん(風間柚乃)
宝塚らしい悪役イケメンで、舞台を展開させるまゆぽん(輝月ゆうま)

確かに間延びしてるとことかあったけど(笑)
楽しいし、しんみりもするし、考えさせられるし、良い作品でした!!
家族でも安心してみられる作品です(笑)
曲も良くて、頭に残ります♪
『マッチョマッチョ』とか歌詞覚えたいくらい、ふざけてて好き・・・(笑)

ただ、やっぱり海外ミュージカルらしく、役が少ない。。少なすぎる。。。。
花組の『ME AND MY GIRL』並みに役替わりしても良かったんじゃない?と思うほど・・

パパ&ママ、まゆぽんとはーちゃん(晴音アキ)でも観たかったなぁ。
エルフィーでからんちゃん(千海からん)も楽しそう。
フェリックスはれんこん(蓮つかさ)も似合いそう!
とかとかいろいろね・・・
絶対無理なのはわかってますが

まゆぽんとはーちゃんのデュエット大好きなんですが、全然本公演でしないんだよね。
なんでだろう??
それが観たくて(聴きたくて)、二人のパパ&ママ観たいというのもあったり・・・(笑)
そうそう、はーちゃんのエトワールもすごく素敵でした
立派で神々しくて、うるうるしてしまったよ・・・(何目線・・(笑))
スポンサーサイト



2019.12.09 17:48|宝塚
『家族という病』(幻冬舎新書/著:下重暁子)を読んだ直後に月組の『I am from Austria』を観た。
観劇後から、ブログに書こうと思いつつ、早1ヶ月以上‥(笑)
考えば考えるほど、書きたいことが出てきて、でも、独断的、偏見的なお話なので(笑)さらっと。

正直、『家族という病』は思っていた本と違った
漠然と、「家族」というものに、どう立ち向かうか、対処するか、というような本かと思っていたけど、そうではなく、自叙伝的な本だった。
読後、もやもやっと残る中で観た『I am from Austria』は、オーストリアのミュージカルでありながら、家族賛辞に落ち着いた(笑)

「個」の大事さを説くときに、よく欧米の個人主義と比較して、それ比べて日本は・・・的な話になることが多い。(『家族という病』でもそういうお話が少し)
欧米人は「個」の大事さの大前提に、民族、宗教などの深い集団意識がある。
でも、日本はもともと、村、大家族として密接な集団意識の中で生きていた。核家族化、地域コミュニティの希薄化などで、その集団意識をバラバラにしてしまった。欧米人のような深い集団意識などはないから、残ったのは、ただの「個」。
その中で、少数になった家族で仲良く、と言っても気の合わない、相性が最悪なことだってあるだろう。
つながりを失った個の力は、脆く、危うい。
そんな時、助けてくれる大家族も、地域もなく、自力で自らのネットワークをつくらないといけなくなているのが今の日本…?
引きこもりたくもなるよ‥

家族が無条件に素晴らしいものだとは、私も思わない。
「子供の才能を潰せる唯一の存在は、親だ」
という言葉をどこかで見たことがある。
的確な言葉すぎて、忘れられない。
愛情深く、大事に大事に育てながら、親は子供の才能を簡単に潰せる。
教育をしているように、自分の好みに合わないものを排除していくことができる。
って、うちの母がそれなんですよねー(笑)
とはいえ、家族を否定するものではないし、文句言いつつも、我が家も(親戚含め)仲の良い方だと思う・・(笑)

『I am from Austria』のジョージも、ママとパパは息子を深く愛しながらも、ママはやることなすこと反対して、ジョージを一人前に見れないでいた。ママがジョージを認めなければ、ラストの大円団にはならないわけだし・・
でも、それができるようになるには、子の努力と親の理解力が必要になってくる。
どちらかでも欠ければ、大円団にはならないだろう。

初めて観た時「海外でも家族をそう扱うんだ!」と思ったけれど、後から思えば、これはただの宝塚アレンジなのかもしれない

という考えれば考えるほど、まとまりのなくなってくるので、終わります(笑)
つらつら考えたのは、先に読書してしまったせいで、『I am from Austria』は、ハッピーミュージカルで、何も考えずにも観られて楽しいですよ(笑)
2019.12.06 13:01|ブログ
いろいろと慌ただしくて、すっかりおさぼりだったブログ・・

もう先月のことですが、友人からインド土産にとアボガドオイルのクリームをいただきました!
1575603560461[1]
アボガドオイルとスパイスセット

アボガドオイルは関節痛に良いと最近話題のお品。
匂いも良いクリームでした。
試してみたい方はお声かけください!(治療中に塗ってみるだけですが