FC2ブログ
2019.09.15 10:40|ブログ
長野プレミアム商品券使用できます。

https://www.nagano-premium.jp/index.php

使用期間は10月1日(火)~令和2年2月29日(土)です。

前回のプレミアム商品券の時は、購入に長蛇の列ができるくらい大人気だったと聞いたのですが、今回は該当者のみ購入可なんですね。しかも結構限定的な・・・
2019.09.12 19:30|ブログ
登山、好きなのですが、全然行けず・・・(さすがに一人では厳しく‥主に技術面で(笑))

5,6年以上前!?から約束していた友人と、今年8月末にようやく立山へ
大阪の方なので、せっかくなら上高地の明神池も、とのことで宿泊は上高地に。
・・・そう、計画時からすでに、時間との闘い(笑)
予定時間では全然問題ないはずなんですが、私も全然登ってないし(歩いてもないし)、体力の心配も・・・(笑)

心配していたお天気も、立山の日は問題なく、良いお天気で
1568279579853[1]

小学生の団体がいて、山頂近くは大渋滞。
おかげで体力温存(笑)

1568279578049[1]
1568279575869[1]
絶景

少し予定より遅れたりもあったけれど、上高地行きのアカンダナバス停に着く頃に、パラパラと雨が・・・
本降りになる前にホテルに入れてほっ。

ただ夜から大雨(笑)
梓川も濁流(笑)
明神池の竜神様に会いに来たのだから、雨が降らないはずがない!!(笑)
1568279574018[1]
清々しい空間でした。
まだ人も少なく、恵みの豪雨で(笑)、すべてが清められていて、とてもパワフル!!!
また何度も来たいと思う場所です。
2019.09.03 17:41|ブログ
8月25日に、大阪で、出版記念パーティーを開いていただきました!
懐かしいお顔の皆様に、嬉しくなったり、緊張したり(笑)

出版記念パーティーということで、お話もさせていただきました。
出版に際して一番苦労した画像の処理(笑)と、本の活用法など。
実際、本を読んでくださった方から「患者さんへの説明がしやすい!」「生徒に説明しやすい!(針灸学校教員)」などの感想が多かったので、ここらへんの絵を見せながら説明すると、理解してもらいやすいですよ、というお話。
あと、ちょっと独特に使っている「子宮を温めるツボ」のお話も。

私よりもよほど長く深く、七星論を学んでいらっしゃる先生も多かったので、恐れ多くて、臨床のお話はそのツボのお話だけだったのですが、あとから「もっと臨床を聞きたかった」とおっしゃってくださり・・・
やはり臨床のお話は大事ですね。もう少し時間を割けばよかった!

とはいえ、たくさんの先生方とお話し、もっともっと精進しないといけないなと改めて思いました。
素敵な機会をつくってくださった新城先生、参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!
2019.08.23 19:19|宝塚
研10。
そう思うと、一つのタイミングではありますが・・・

時ちゃん(叶羽時)退団発表。
好きだっただけに、とても残念。

初舞台当初から一目でわかるジェンヌさんでした。
認識したのは『月雲の皇子』の巫女役。 病症の王の言葉を伝える巫女の声が、とてもクリアで聞き取りやすく、また、巫女らしかった。
上手な子だと認識しつつ、好きになったのは『トークスペシャル』(笑)
会話の回し方、振り方が上手で、洋服が素敵(笑)!! 
このときから、時ちゃん可愛い病を発症させました(笑)
「宝塚の娘役」としての在り方をすごく考えてる子なのかな。。
でも、ストレートプレイでもミュージカルでも活躍できそうなので、ぜひ、退団後も舞台の道を歩んで欲しい…

なかなか私にとって厳しい日程の『I am from Austria』
観れるかわからないけれど、娘役時ちゃんを見届けたいです。
2019.08.17 15:07|宝塚
超絶チケ難で、泣きそうになりながら、どうにかチケットをゲット。
希望キャスト(ルキーニ、フランツ、ゾフィ―含め)は全員観ることができました!
・・っていうと、チケット取れているじゃんと言われるのですが(笑)、取ったんですよ(根性)!!
昔は、宝塚に限らず舞台全般大好きでたくさん観ていたのですが、チケット取りに疲れ切りまして・・・そこからぱったり舞台に興味を失い、観なくなりました。その間も、ヅカファンは優しいので「チケットあるよ」「とろうか?」と声をかけていただいたので、なんとなく観ていられたのですが‥。
今回も本当に取れなくて、「あ、私これが嫌で、舞台観なくなったんだな・・」と懐かしく思い出しました(笑)

さて、肝心の舞台は・・・
いやもう本当に素晴らしい!!!!
みんなすごい。みんな素敵。かっこいい。可愛い。歌うまい。ダンスすごい。
小学生以下の感想レベルですが・・

お花様、芳雄君は前回も観ていたので、感想はしょりますが(笑)前回よりもバージョンアップしてたのは間違いないです!!
今回特にすごいと思ったのは、ちゃぴちゃん。
宝塚と歌唱を変えるので、負担になる場合もあるのですが、全然問題なし。
7月観劇の友人からは「高音部が・・」とも聞きましたが、私がラストに観た8月は、更に咽喉の調子がよくなっていたように思います。舞台後半なんて疲れが出てきてもおかしくないのに・・。
そして、役作り。
無邪気な子供時代から、どうにか自由を切り開こうと無謀な戦いを続け、静かに諦めていく過程。
お花さまのシシィとまた違う役作りで、これは、どちらが良いとかではなく、どちらもそれぞれのエリザベートの人生でした。

トートの古川君も!
「ちゃぴちゃん古川君コンビが最高だから!!」との前情報で、すごく楽しみに。
芳雄君の歌が好きなので、古川君はとりあえず1回観れればいいか、と思っていた自分を叱りたい・・・(いや、それでもチケット確保したことを褒めるべきか‥)
芳雄君に比べ、表情豊かなトートなのだけど、人間外の雰囲気がすごい。動きのしなやかで、色気がダダ漏れ。
これは個人的好みなのですが、無表情系トートより、表情豊かなトートの方が私は好きなんですよね。でも表情豊かだと人間っぽくなってしまって、それはそれで嫌なんです(笑)古川君はそのバランスが絶妙!! 
理想のトートでした
トートもまた、芳雄君と古川君で役作りが違い、どちらも素晴らしいトート!

どの組み合わせも、それぞれ素敵で、何度でも観たいと思わせる舞台でした。
(お花さま×古川君は観れてないけど‥)
宝塚版もそろそろ演出リニューアルしてほしい‥

ちゃぴちゃんの次のクリスティーヌもまた楽しみになりました